住まいに関する情報

住まいに関する情報一覧へ戻る

 

木材利用ポイント制度について

 

「木材利用ポイント制度」とは、木造住宅の新築・増築、木材を使った内装・外装のリフォームとも2013年4月1日から2014年9月30日までの1年間に工事に着手したものを対象に、ポイントが付与されるという制度です。
既に終了した「家電エコポイント制度」と同様に、ポイントと商品が交換できるというものです。

 

pickup_vol01_01スギやヒノキなどの「地域材」と呼ばれる木材を一定以上使って住宅を建設すると、30万円分のポイントが発行されます。同じく地域材を一定以上使って既存住宅の内装や外装をリフォームすると、30万円分を上限にポイントが付与されます。
貯まったポイントは加工食品など地域の農林水産品や農山漁村の体験型旅行、商品券などと交換できます。

 

 

「地域材」とは、

 (1)都道府県が産地を証明したり、森林組合が認証したりした木材や木材製品

 (2)民間の第三者機関が認証した森林から産出される木材や木材製品

などで、国産材に外国材が混じっている合板なども対象になります。

 

ポイントは、1ポイント1円相当で、交換商品は地域の農林水産品や商品券のほか、新増築やリフォームの場合は、同じ工事施工者が行う追加工事の費用に当該ポイントを充当することもできます。

 

予算がなくなりしだいポイント発行が終了するようですので、期間中新築・増改築・リフォームの着工をされる場合は、この制度を使ってみてはいかがでしょうか?

 

くわしくは林野庁ホームページをご参照ください

http://www.rinya.maff.go.jp/j/riyou/point/

 

この他、「住宅エコポイント制度」もありますが、こちらはエコ住宅の新築のみ2013年12月31日まで申請を受け付け中です。

  • オルタスクエア
  • JBN(一般社団法人JBN)
  • SAREX(住環境価値向上事業協同組合)
  • 住宅保証機構株式会社 まもりす

PC表示にする

モバイル表示にする